無料相談のすすめ

Posted on 2018.5.9 By

相談任意保険で弁護士特約をつけている人でもなければ、交通事故で弁護士に仕事を依頼するというのはなかなか勇気がいることかもしれません。いきなり弁護士事務所に出かけていくというのは難しいかもしれませんが、最近では多くの弁護士事務所が無料相談のサービスを設けています。ほかにも特定の団体が開いている無料相談のセンターというものもあります。

もちろん制限なく無料相談を繰り返すことはできませんので、多くの相談所や弁護事務所が5回以下の相談回数制限としているようです。もちろん初回だけが無料というところも多いです。

無料相談も電話によっておこなう無料相談だけでなく、最近ではメールによる相談なども存在しています。また24時間相談受付というところもあるので、緊急の場合でも相談をすることができます。面談、電話、メールなど様々な形態がありますが、どんな方法でもいいのでまずは無料相談をうまく活用することから始めましょう。後遺障害の心配があるほどの大きな事故や怪我の場合はもちろんですが、小さな事故だとしても相手方との示談がもめるケースもありますので、いざというときに相談できる交通事故に強い弁護士を探して連絡先やサイトを控えておくのは良い方法です。

参考>>>後遺障害 弁護士
(後遺障害についての相談ができる法律事務所のサイトです。)

未分類


障害等級認定の助け

Posted on 2018.5.8 By

怪我交通事故案件で特に弁護士に力を必要とするのは障害が残るほどの怪我をしてしまった時でしょう。後遺障害の中には本当に多くの怪我がありますので、自分の怪我が障害認定されるようなものかどうかきちんと確認することをおすすめいたします。後遺症すべてが賠償金を支払ってもらえる対象になるわけではありません。後遺障害が認定される必要があります。

ある程度の期間しっかりと治療をしたにも関わらずこれ以上回復しないと医師が判断した場合、そこで症状固定となり、その後その後遺障害が事故が原因であると科学的に証明されて、今後の労働に明らかに影響があると判断される場合きちんと等級認定してもらえる可能性があります

症状が固定されたところで、治療費の支払いは打ち切られてしまいますので、あやふやにせずにしっかりと後遺障害の認定に向けて動き出さなければなりません。きちんと認定されればその後遺障害対して逸失利益や慰謝料など損害賠償が支払われることになります。また後遺障害は14の等級に分かれており、そのどれに認定されるかも損害賠償金額に影響してきます。この後遺障害の認定の申請は個人でおこなうこともできますが、弁護士に相談したほうがスムーズに進められるはずです。

未分類


交通事故に強い弁護士

Posted on 2018.5.2 By

医師に相談交通事故問題で弁護士を選ぶ場合には交通事故の取り扱いに慣れている弁護士を探す必要がありますが、まず注目したいのは交通事故案件を扱った実績が多いのかを確認することです。そこで、事務所のサイトで交通事故案件の解決件数などを掲載しているか確認してみましょう。また、そうした解決の実例が詳しく書いてあるならそれも読むようにしましょう。もちろん実際の顧客の声などが掲載されているともっと参考になります。

中には後遺障害の案件を扱う時のために連携関係がある医師がいる弁護士もいます。良い医師に担当してもらい、診断を受ける必要があるので、こうした連携も弁護士選びのポイントになります。

実際に弁護士へ仕事を依頼するかどうかはよく調べてからになると思いますが、仕事を正式に依頼するように圧力をかけてくるような弁護士や、しっかりと話を落ち着いて聞いてくれない弁護士は避けるようにしましょう。極端な宣伝文句を掲載しているところも気をつける必要があるでしょう。あくまで交通事故の示談や和解、慰謝料の請求というものはケースバイケースですので、必ず高額の慰謝料を取れるというような言い方をするような弁護士には気をつけたほうが良いでしょう

未分類


弁護士の仕事の幅

Posted on 2018.5.1 By

アメリカは訴訟社会と言われており、弁護士の数も多いですし、お抱えの弁護士を持っている人も多いです。それに比べて日本ではそこまで弁護士が普段の生活から身近な存在というわけではないでしょう。しかし実は日本人の生活の中でも弁護士を探したり、いつでも弁護士に相談できるようにしておいたちしたほうが良い場面も色々あります。そして弁護士にも色々と得意分野があるので、自分が必要としている分野を専門にしている弁護士を探す必要があります

パソコンもちろん弁護士の資格というものは分野別に分かれているわけではないので、各弁護士の得意分野を判断するためにはあくまでその弁護士や法律事務所が自ら述べている経歴や実績、専門分野というものを参考にして選んでいく必要があります。こうした情報を調べることができるのはやはりインターネットです。事務所のサイトをよく読むことや口コミや評判などをよく調べることも大事です

弁護士に仕事を依頼する場面というので、人々の生活に密着しているのは交通事故に遭遇した時でしょう。交通事故の場合小さい事故だと任意保険会社に任せて示談を済ませる方が多いと思いますが、小さい事故でも示談がこじれるケースもあります。そうした時には弁護士に示談を依頼したほうが和解がスムーズに進むでしょう。もちろん大きな事故で障害等級認定を申請したいという場合なども弁護士に依頼して手続きをしていくことがオススメの方法です。任意保険の特約で弁護士特約をつけるのも良い方法です。

未分類